上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.30 映画といえば
土曜日に次男&三男が「2012」を観に行ってきたと。
もう観たの~?いいなー

彼らの感想は

「海雲台」と「日本沈没」の世界版

ということで、まぁおもしろかったと言うことでした。

私はその日の夜、夜中・・・
IPTVで「バタリアン2」なんて見つけちゃったもんだから
「なつかしぃ~~~!!ヾ(T∇T)ノ彡」
と、つい観てしまいました・・・
1の方が当時は衝撃的でおもしろかったですけどね。

夜中に一人でそんな映画を観てるので
遅~~~~く帰ってきたアッパは
私のそのような姿を見て

「なんてこった」状態で

他のいろんな面からしても
つくづく自分のかみさんというのは
変わった趣味だと思ったようです・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の日日曜日は「ナルニア国物語」観てました。
この「ナルニア国物語」っていう日本の題名がわからなくって困ったわよ^^;

水キムチを漬けながら
実家とうちを行ったり来たりしながら観てたので
ところどころ飛んでるんですが
でもおもしろかったー
時間のたくさんある時にまた初めっから観よう~っと

で、昨晩は「坂の上の雲」だっけ?新しいドラマ。
あれもとても良かったです
長男くんもすごく気に入ってました。
続きが楽しみ♪
スポンサーサイト
2009.07.30 霜花店
sanwhajom

去年の暮れからだったか、
公開前からかなり話題になってた映画なんですが

「サンファジョム」

と読みます。

高麗時代の話なんですが
何が話題になってたかって
王と王を守る兵の隊長っていうんですか、
その同性愛のベッドシーンと
王妃と隊長のベッドシーンで
そればかりが先走ってたように思うんですが・・・・・

いやいやそれはまぁ「バリでの出来事」などで人気あるチョ・インソンくんですから
話題にならざるを得ませんわね。
でもあまりにも悲しい物語でした(TωT)

それから切る切られるシーンは結構グロで
胸が気持ち悪くなるような感じでした。
ま、耐えられはしますけどね。

大まかなあらすじは
暴君で男色だった高麗王に跡継ぎがいないと言うことで
自分の愛していたその隊長を王妃に与えました。
初めはなんとも不自然だったけれど
何度か逢うたびに王妃と隊長が愛し合うようになるのです。
当然王は・・・・・・・・・

ま、このくらいにしておきましょう。

王が歌う場面、王妃が歌う場面があるんですけど
心の琴線に触れるような美しい歌でした。

しかも王を守る兵達がみんな若くてイケメンなの~~
さすが、王好み(~_~;)・・・と思いましたけどね。

私の場合、そのまま観るしかないので
この大河系の難しい言い回しがワケわかんなくって
細かい部分が理解できなかったのよね。
日本語字幕で観たいよ~~(TωT)

というわけで
動画はコチラ→霜花店
2009.04.01 花より男子
entertainment_1224_003.jpg


昨日韓国版「花より男子」が最終回だったんですの~
それまでまったく興味なかったんですけど
一度見たらハマってしまって・・・・

今更ながら

それから日本版の映画「花より男子ファイナル」を観て
その後ドラマを観出しました(≧∀≦)

あんなに面白いとは思わなかったわ。

韓国では映画化・マンガ化は許可されていないようで
道明寺とつくしが結婚するところまではいかなかったんだよねぇ。
韓国版の「その後」も観たいな~~~

ちなみにつくしちゃんの韓国名は

「チャンディ」すなわち「芝生」で~す(⌒▽⌒)
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
2008.12.09 HERO
久々にゆっくり映画でも観ようと
IPTVのメニューをカチカチしてたら
「HERO」が無料になってる~~(´∀`人)

観るっきゃないっしょー♪

こっちの日本人の友達がTV版のを
ようつべさんで観てたとかなんとか、
そのうち観てみよーと思ったら
映画がタダ♪るんるん♪

おもしろいですねー、この映画。
キムタク、相変わらずすっごく自然体(笑)
松たか子も良かった♪

事件に対する検事の真摯な姿がすっごく印象的でした。
人間、いつでもどんな時でもそうあるべきだし
それって人間として基本的なことだよね。

新聞には載らなかった事件の内容を
検事がとくとくと語る場面ではうるうるしてしまいました。

韓国でも結構評判いいみたいだよ♪
友情出演でイ・ビョンホン出てたし(笑)
声がハン・ソッキュかと思ったら
イ・ビョンホンだった。

イケメン検事ねぇ。まさしく(笑)

観てない方、お奨めです♪
2008.11.12 いかさま師
今韓国で放映中なんですが
これはおもしろい!

ギャンブル系のドラマで
ちなみに韓国ではR-18指定です。

(Hなんじゃなくてケンカのシーンが多いから)

前にイ・ビョンホンの「オールイン」ってありましたねぇ~
実は私あれ観てないんですけど
あれよりもハードボイルドっちゅぅんですかねぇ、
なかなかスリリングです。

しかも脇役がすごい、ゴールデンキャスト!と私は言ってしまうけど
ぃや、ホントすごい脇役陣なのです、はい。

そのうちすぐに日本にも上陸すると思うので
ぜひ!お奨めです♪

動画はこちら←ポチ
メンテの間、この映画観ました。

ずい分前からIPTVでも別途料金で観れたのですが
別料金出してまで観ようとは思わないわっ・・と
そのまま通り過ぎていました、


がー。


あるサイトの無料映画館でタダでやってたんだよねー

タダじゃぁ観るしかないじゃーん(笑)

それに気になるじゃん(爆)
気になるでしょ?| |д・) ソォーッ…

観る前までは「中国のエロ映画」くらいにしか思ってなかったんだけど
だってねぇ~、予告とかちらっと見ただけじゃ
そのくらいの印象しか受けないじゃない。

で、観覧後の感想。

一言で言いますと

「戦争というものは生み出されるものは何もなく
 失うものしかなく 
 しかも自分自身でさえ失うことになる」


ということの見本みたいな映画でした。

とっても悲しい・・・・・・
深くて悲しくて重い・・・・・・・

中国や韓国映画の特徴、
後味の悪い悲しい映画でした。

まだ観てない方にはお奨めですよ。


え?例のシーンですか?

ぅう~~ん、あのくらいどこのお宅でもするんじゃないかしら?
という感じでしたよ(笑)
でも「およその人」と思うと

「スゴイ( ̄ω ̄;)ゴクリ

ですよね(爆)

しかも主役の彼女、新人らしいですね。
迫力ある演技でした[:キラキラ:]



関係ないけど
あの新人さんとジュンギが共演するってウワサなのよ~(TωT)・・・
お願い。あんなコトしないでね

ジュンギちゃんが主演してた「一枝梅」

↓↓↓↓↓宣伝♪


が先週終ってしまったので
水・木に観るものがなくてつまらん・・・・

おまけに暑い・・・・ということで

最近ITTVで「恐怖/スリラー」のカテゴリーに入って
あさりまくってます(;^_^A

単なるスリラーじゃおもしろくないんだな。
やっぱりホラーでしょ(▼∀▼)

背筋が寒~~~く鳥肌立つのが観たいのぉ~~(笑)

昨日の日中はシンガポール映画で「メイド」。
夜は日本の「サイレン」観たんですが
始まって間もなくメガネかけたまま寝てたらしいですzzz…

ちなみにアッパと意見が合わないんだよね。
アッパは「ロマンス」系を観たがるんですわ(笑)
私は「恐怖/スリラー」か「アクション」系。うふ[:ハート:]

何か寒~~~~い映画、お奨めなんてあったら教えてください♪
2008.06.18 CDが来た~


16日発売の「一枝梅(イルジメ)OST」のCD、
予約してたんだけど

早々に来たじょ~~~~[:ハート:]((o(>▽<)o))[:ハート:]

このCD、ヨシマタリョウさんって方がプロデュースしてるんだけど

ヨシマタリョウって「情熱と冷静の間」のアノ人なんだってぇ~?

そういえばあの映画の雰囲気っぽい曲もある♪


全曲いいっすよぉ~~~[:花マル:]
うれぴぃー!(´∀`人)
「東京、天気雨」」にトラックバックしています。
今日から始まってる新しいドラマで
今この時間にやってんの、横目で見ながらキー叩いてる(笑)

このドラマ、オール日本ロケなんだってさ~

のっけから東京の夜景ですよ・・・いいわぁ~(*´∇`*)

やっぱり東京はいいなぁ~・・・[:ハート:]なつかしいなぁ~~[:ハート:]

日本の役者さんも出てるよ。
この人誰だっけ?
養命酒かなんかの宣伝に出てたかな~

ちなみにココ←です


このドラマ、先週始まったって書いてたんだけど
昨日観たら



「今日で終わり!!」



だそうで・・・・・( ̄ω ̄;)!!

オール日本ロケが負担だったのか・・・・・

俳優も

オータニリョウヘイとかオクダエリカとかイノハナマイとか←漢字わかんなーい
山本卓とか・・・・


負担だったのだろうか~・・・[:棒人間1:][:棒人間1:][:棒人間1:]


それとも視聴率悪すぎ?

いや、でも始まったばっかりだぞぃ。

さてはこの後の番組で

「食客」(シッケ

っていうのやるんだけど

このドラマの繋ぎだったのかぁー!?

「食客」って昔レスリーチャンがやった料理人の映画に似てそうなんだよねー

それにずい分と力入れてるそうだけど・・・


はぁ~・・・
本当に天気雨みたいに短いドラマでございました[:棒人間5:]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。