上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.17 「死ぬ」こと
人が死ぬって悲しいことだった。

ついこの間までそこに、
いつものその空間に存在してたのに

ある日突然その人のすべてが
嘘みたいに無くなる。

その人の部屋、服、靴、杖・・・・

その人に関係していたもの、
すべてが虚しく見えてくる。

いつもあの縁台に座って
景色を眺めて

孫を連れて帰ってくると
優しく笑って迎えてたのに

これからはもうその笑顔も
美しかった白い髪も
見ることはないんだな。

どうかまたそちらの国で
久しぶりにご主人と出逢って

今までのことを楽しく語り合いながら
過ごして欲しい。

死ぬ前にひと目、会えなかったのが心残りだけど・・・

虚しい空間のある家に行くのはつらいから
明日、行きたくないよ・・・

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。