上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.13 弱み
Fの炎さんの「精神面」にトラックバックしています。
世界大会で日本選手及び日本代表が出ている度に
いつも自分に言い聞かせることがある。



精神を鍛えよう!




それをいつも自問自答する。



見ない私がついつい見ちゃった、きのうの試合。
ゴールを守る彼を見た瞬間、

「ダメかも・・・・」

と思った。

でも私が初めて彼を見たのはこちらに来る前だったから
少しは成長しただろうかとちょっと期待はしてみた。

試合終了。


やっぱりな・・・・・・・・・


弱すぎる。

技術が問題なんじゃない。

精神力。

これは大きな課題だと思う。

海外ではおそらくメンタルトレーニングらしきものを
しているんじゃないだろうか。
日本はどうなんだろう。





でもそれ以前に、精神的支柱がない、ということも問題だろう。
(これはもうサッカー以前の問題だ!)

海外の選手達の「信仰」の力、これは大きな原動力だと思う。

韓国についても、彼らは歴史的に侵略ばかりされてきた国だから、
世界の舞台に立つという執念はすさまじいし、
日本と対戦する時はまさに死に物狂いだ。

自分のためなんかじゃない。

彼らは国の威信を賭けて、国のために闘うのだ!

「楽しみます」

なんて、負けた時の言い逃れみたいなことは言わない。

人というのは、「自分のため」よりも
自分以外のもの、妻のため、子供のため、家族のため・・・
というように、より大きいもののために頑張ると
もっと力が出るような気がする。

でも日本はそれをすることがタブーという雰囲気がある。

「国のために生きてはいけない」

という雰囲気。

国歌を歌うな、国旗は掲げるな、

そんな雰囲気あるじゃない。

どうしてそれ=戦争になってしまうんだろう。

過去のそれは確かに悲惨だった。
でも今戦争しようってわけじゃないでしょう。

国を否定しながらどうやって世界の舞台に立つのだろう。
そんなに矛盾した状態では通用するはずがない。
国を否定するって、自分のルーツまで否定してしまうような気がする。

精神的支柱・・・・

それによって、世界の舞台に立つ選手達が一つになれるし、
国民全体がひとつになれるのだろう。



・・・・・・・・・・・それでもきのうの彼らは頑張りました。
彼らも必死だったもの。
彼らのせいなんかじゃないのよ。



精神力のなさ、という弱み。

目先だけの対策でなくて、深~く考えなければならないことなのかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://47mama.blog115.fc2.com/tb.php/286-c81a30d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。