上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その日は真夏並みの天気で、外は33℃くらいあったらしい。

午前9時ごろに産婦人科へ入ったけど
2人目になるとこんなにも余裕があるのかしらね~
一人でお手洗いにも行ってしまいました。

陣痛は機械ではそんなに強く出ていなかったようだけど
痛みは激しい!

看護婦さんは

「そんなにまだ強くないけどねぇ~・・・」

なんて言ってるけど、あたしゃぁもう産みたいんや~!!

そんな風に苦しんでる間に
病室で隣のベッドで待機していた女性が




「トイレに行きたい・・ウ○チが出そ~~!」

とトイレに行ったそうである・・・・




それってすっごくアブナイわよね・・・・(;^_^A




案の定~・・・・・



「○○さん!○○さん!!!」

と激しい看護婦さんの声。

ぇえ~~~・・・・やだな~産まれそうなのかな~
私が今分娩台の上にいるってのに
降りないとならないのかな・・・・

と思っているうちに、



「先生ー!!早く!!○○さん産まれちゃう!!!」

電話に向かって絶叫する看護婦さん。





「あ!!頭出てる!!首まで出てる!!!」


なんですってぇーー!?

と、その瞬間分娩室のドアの方を見てみたら





ナント、その妊婦の脚が!!!!!!




結局その女性は新生児室兼ナースステーションの仮眠用ベットの上で出産したのでした・・・

C= (-。- ) フゥー・・・

こういう時って、先生が分娩室に来る速さは
本当にスーパーマン並みなのね。

いつの間にか飛んで来てて、赤ちゃんを取り出してくれたらしい・・・



・・・・・だけど、ものすごいもの見ちゃった!!!


その結果・・・・・・・・・








陣痛が止まっちゃったのよ。







よっぽど私も驚いたんでしょう。
誰だってあれを見ちゃぁ、驚愕しますよね。
そういう「ストレス」っておなかの中にまでこんなに影響するんだな~って実感した瞬間でした。

だから、妊婦はいつも穏やかでないといけない・・・
ケンカはしちゃいけない・・・・
いい物を見て、いいものを聞き、いい言葉を使う・・・

なるほど。まさしくそのとおりです。




陣痛はしばらくしたらまた戻ってきましたが
(あ~良かった)
私はといいますと、今回はわりと難なく産みました。


その週は「出産ラッシュ」だったらしく、
小さな産婦人科では一日に2人の出産があると
一日中出産にかかりきりで鬼のように忙しいらしい。

おまけに病室はみんな2人部屋で、
洋室が待機室も含め5つくらい、
和室が2つか3つ・・・

それが全部埋まってもまだまだ出産が続くので
応接室のソファで寝たり、3日で帰宅したベテランママさんもいました。

いやはや、出産自体は楽でしたが、
周りがゴタゴタしてたのが印象的でした・・(;^_^A


私は一週間、豪華な食事もぺろりとたいらげながら過ごしました♪
おかげで産んだ分減ってるはずの体重が
ほとんど減っていませんでした・・・・・

次男も元気で、泣き声が異常にデカイ・・・・
新生児室にいてもよ~く聞こえる・・・・
しかも、10時、11時、12時、1時・・・・と
o'clockの時間に泣くのでおかしかった・・(≡^∇^≡)ニャハハ

次男の出産は、本当に幸せで、母子ともにモリモリ元気でした♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://47mama.blog115.fc2.com/tb.php/288-a4403292

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。