上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.15 烏骨鶏だより
ずいぶん前にバケツの中で一羽産んだ烏骨鶏。

そのヒナがだいぶ大きくなって、すっかり大人の羽。
見た目も「青年」というところでしょうか。
(オスかどうかはわかりませんが)

この子を見ながら今朝、

「これが若鶏ってやつか。サンゲタン・・・・・」

などと頭をかすめました。

あ、でもうちではサンゲタンのような若鶏は食べませんので♪(⌒∇⌒)

その親は、というと、
子育てが終わったということなんでしょうね、
卵をまた産み始めました。

「子育てが終わったら卵を産む」・・・・・

なるほど、そういうタイミングがあったわけですね。


四兄弟はというと、こちらも大人の羽が生え始め、
あと頭に少し産毛が残っている程度。


一羽小さい子がいて、他の三羽の3分の2くらいの大きさしかなく、
まだ産毛もたくさん・・・・・

とても心配なんですが、よ~く観察してみると
ちゃんと餌も食べてるし、水も飲むし、
食については心配なさそうなんですが

よく育たないと、また以前のように若鶏状態で死ぬこともあるので
要注意というところ。

それでもこの四兄弟。
ケンカでもするようにじゃれあったり、
オス鳥につつかれて一目散に逃げ去ったりと
面白いところを見せてくれます♪

おとといの夕方、この四兄弟の母鳥、
また何を思い出したのかまた脱走。

厩舎によじ登って寝る準備を一人で始めてしまいました。

子供たちはまだ母鳥がいないと不安なので
どうしたものかと迷いましたがどうにもできず

一度家の中に入って10分後にまた見に行ったら

やっぱり母なんだな~

あんまり子供たちがピヤピヤピヤピヤやかましいので
降りていきましたよ!

小屋の前でうろうろしてたので入れてあげたら

子供たち、母鳥の方に走っていって羽の下に入り~
おなかの下に入り~

「はよ寝よ」

というところなんでしょうね、かわいいたらありゃしません。

こうなると本当に、さばく、なんて誰か言い出したら
涙涙になりそうです。
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。