上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.11 良心
旧盆が終わった頃、またケンカしちまった・・・

アッパはお酒飲んできてたから余計話が通じない。

あんまり納得してくれないので私も声が大きくなる。

その日はアッパは宿直で、晩、次の日の朝と昼のお弁当を持って行くのだけど
お弁当も持たず怒ってそのまま出て行ってしまいました。


その瞬間、天の声。

「会社に持って行ってあげなさい」


すかさず悪魔の声。

「絶対に持って行くな。持って行かないアイツが悪いのさ」



私は娘の笑顔になだめられてすぐにご機嫌になり、
子供たちと食事をしていました。
洗い物をして9時を回った頃、
ふとお弁当かばんに目がいく・・・・・・・

また天の声と悪魔の声。
それはもうよなままを奪い合うかのごとく感じられる。


そういう時はやっぱり天の声を聞くしかないっしょ!


アッパに電話して外に出てくるように言ったら

「いらない。来るな」

「いいからとにかく外に出てきなさいよ!」

と一方的に電話を切って出かけました。

会社に行ってみたらいなかったので
門番の人にお願いして出てくるように言って貰いました。

すると、ものすご~~~く不機嫌な、
仏頂面してアッパが出てきました。

「来るなって言ったろ」

「持って来ないとうちに帰ってきてから
また食事もできなかったのなんなのって文句言うんでしょ。
だから持って来たわよ!」


とわざと憎まれ口を叩いてやりました。

家に帰って11時ごろ・・・・

「まだ寝てなかったのか」と電話。

「寝ようとしてたところ」
(な~んて、実は遊ぼうとしてたところでしたщ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ)


「勘違いしてたみたいだ・・・・・」
(だけど謝らないのが韓国人。ま、いっか)

「早く寝な。」と何度も念を押されました。


次の日はアッパが帰宅してからちょっと気まずい空気はあったのですが
食事も早く準備してあげ、
横になってるのでシャツを脱がせてあげズボンを脱がせてあげ
靴下を脱がせてあげ、
そちこち痛いというので
脚をもんであげ肩をもんであげ甲斐甲斐しくやりましたよ!

そしたらもう、アッパはどろんどろんに溶けちゃったのよね(笑)

それからはまたいつも通りの仲良しになりました。


あの時、天の声を聞くか、悪魔の声を聞くかで
結果は変わってたと思うのよね。

天と自分の良心は通じているという。
悪いことをした時に良心の呵責を感じるのは
良心すなわち天が悲しむからだそうだ。


あの時天の声を聞いて素直に従ったから、
いい方向に導かれたのだろうと思います♪

天道というのは、やはり守るべきものなんですね♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://47mama.blog115.fc2.com/tb.php/447-402a249e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。