上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩1年生の先生から突然電話がかかってきて

「明日9時までに登校させるようにしてください」

三男が受けたのでなんだかあやふやだったけど
どうも校長先生が移動するらしく、
そのお別れの挨拶をするためらしいのだ。

すごく残念でした(TωT)

息子達にも話していたんだけど

「あの校長先生はね、
 背広着て深~い椅子に腰掛けてるだけの先生じゃないんだよ。
 トレーニングウェアに着替えて
 学校の庭を手入れしたり、廊下の窓をはしごを持ってきて拭いたりするんだ。
 それだけキミたちの学校を
 自分の家のように大事にする先生なんだよ」


私は校長先生がそうしているのを見た時は
それはもう衝撃的でした。

だってそんな校長先生、見たことないんだもの!

それに、学校が小さいっていうのもあるかもしれないけど
生徒一人一人、父兄にまでよく話しかけてくださって
自ら学校・生徒・父兄の連携を強くしようと実践なさる方でした。

うちに関しても
外国人のお母さんに、4人の子供・・・・
ということで、細やかに神経を使ってくださったりしたのです。

2年間奨学金の対象に推薦してくださったり
私自身もこの校長先生の推薦で道の校長会から表彰されたこともあったし・・・

学校もたくさん整備されました。

インラインスケート場を造ったり、
併設幼稚園の遊具をあたらしく変えたり、
給食室も新築、
そしてなんと言っても全国で2番目に造られた、
あたらしい概念の図書館。

今は科学室も改築しているそうで
その完成を見届けずに行かれるのがとても残念そうでした。

それで、どうしてもご挨拶くらいしたくて
子供たちと一緒に学校に行って
朝礼に参加してしまいました。

他のやり手のお母さん達も絶対来てると思ったら
私しかいなかったのが意外だったけど・・・

それでもう、なんでだろう私ったら、

先生の話聞きながら涙があとからあとから出てきて
一人でばかみたいに泣いてて

生徒達に見られたら恥ずかしいし
ましてやこよなさんに

「オンマ~、何で泣いてんの?」

なんて大声で言われたらどうしようととってもあせってたんだけど、

なんとか朝礼が終わって
校長先生は生徒一人一人と握手しながら語りかけて

私も最後にご挨拶したんだけど
また涙が出てきて止まらないんです。

言いたいことは山ほどあったんだけど
3分の1くらいしか伝えられなくって

でもきっと理解してくださったろうと思います。


人間は位置が高くなればなるほど、
立派になればなるほど
謙遜にならなければならない、



ということを行動で示してくださった校長先生でした。


これから毎年秋になると
こうべを垂れる稲穂を見れば
この校長先生のことを思い出しそうです。





*写真は新しくなった学校の図書館。
 カーペットが敷かれたところは映画鑑賞ができるようになっています。
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。