上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日ソーイングの前に移住女性センターの開所式ってのに行ってきました。

実はそのことで昨日ここの人に呼ばれたんだけど

「事例報告をしてほしい」

とのことでした。

要するにスピーチしろってこと。

「今までにあった事を話してみて。箇条書きでいいから。
 私が文章作ってあげるから」

って言うんで事務局の人に話をしてました。

ちなみに私を呼んだこの人、伯父にあたる人で
アッパと似たような年齢なんだけど
一族的に見るとうちのお舅さんと同じ立場。

だからうちの子供達の「おじいさん」になるのだ。

で、今日10時ごろ会場に着いたら

「書かなかった」

と言うのですよ。


(;^_^A・・・・・・・・・・・・


ま、韓国ならよくありがちなんですがね。

それに私、書かれた文章を読むより
自分の言葉で来てくれた人たちに話をしたかったので
それならいいや、で済ませちゃいました。

結構そういうの、ヘーキなんですよねぇ。
あんまりあがらないし、苦じゃないんですわ。

伯父は私が話し始める前にマイクを持ったまま

「大丈夫だよね?!」

と心配そうに語りかけてきましたが

「さぁね(⌒▽⌒)」

なんて返事したもんだから、かなり緊張していた模様。

いつも淡々としてるのでこんなことできるなんて思ってなかったみたいですねぇ。
(ヘラヘラしてる、の間違いかも)

終ったらえらく誉められてしまいました(笑)

こんなことがあったので
今日も一日結局バタバタして過ごしましたのよぉ・・・[:棒人間5:]
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。